ソニーストア
スポンサーサイト
2014.04.29 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
SMC史上最強の究極Xperia!“Xperia Z1”(SOL23)発売記念大特集♪
2013.10.28 Monday 00:30
xperia z1 sol23

SonyMobileCommunications(SMC)がau by KDDI向け端末として、フルセグ/おサイフ/赤外線のフルスペック機能に、防水機能、NFC(Near Field Communication)、そしてSony Gレンズ&Exmor RS&BIONZという驚愕のカメラ機能で武装した歴代Xperia史上最強スペックを誇る究極のフルスペックAndroidスマートフォン『Xperia Z1(SOL23)』を遂に発売。本日は、“Xperia Z1”の発売を記念し、ますますXperiaが好きになる?大特集をお届けします♪

なお、兄弟機のdocomo版「Xperia Z1(SO-01F)」も好評発売中です。









いや〜、いよいよ発売されましたね!SMCの究極フルスペックAndroidスマートフォン“Xperia Z1”(SOL23)。iPhoneライクなソリッド・デザインのXperiaが欲しかった人にはまさに待望の機種であり、男らしいスマートでスタイリッシュなZデザイン採用のXperiaは、auではこれが初!本日はこれを記念し、超興奮のXperia Z1の総力特集をお届けします。

Xperia Z1(SOL23)は、グローバルモデルとして発表されたXperia Z1をベースに、日本市場向けにカスタマイズされたモデルとなっており、フルセグ/おサイフ/赤外線のフルスペック機能はもちろんのこと、防水機能、そしてSony Gレンズ&Exmor RS&BIONZという驚愕のカメラ機能で武装した、全世界で発売されるどのXperiaよりも、圧倒的に高性能・高機能な史上最強の究極Xperiaとなっており、全世界最高峰に位置するフラッグシップモデルとなっています。

デザインは、全世界で好評を博したXperia ZのOmniBalance designを踏襲し、再び薄くシャープなラインのデザインを採用。Xperia Z1は、Xperia Zの後継機であることを強くアピールしつつも、男性的な力強さと女性好みなiPhoneライクでスマートなお洒落さをうまく両立させたデザインとなっています。

カラーはBlack、White、Purpleの3色を設定。男性向けに黒、女性向けに白、中性向けに紫というバランスの良いカラー構成となっていますが、全世界的に人気が出るモデルが確定しているのですから、もうちょいカラバリはあった方がよかったかも?ホンダの新型フィットも、発売後約1ヵ月での累計受注台数が月間販売計画の約4倍となる、6万2,000台を超えるというメーカー予想を大きく上回る爆発的な人気となっていますが、これだけ大量に売れるからこそ、個性が埋没しないようあちらは全11色もカラーを用意しているんですからね。さすがにここまで揃えろとは言いませんが、もうちょい選択の自由があっても良いと思います。

液晶ディスプレイは、大画面の約5.0インチ(1,920×1,080ドット)に、BRAVIAの広色域技術をスマートフォン向けに移植&チューニングした「TRILUMINOS Display for mobile(トリルミナスディスプレイ フォー モバイル)」、超解像映像エンジン「X-Reality for mobile(エックスリアリティー フォー モバイル)」を搭載するマルチタッチ対応ディスプレイとなっており、それぞれの映像がもつ本来のディテールを忠実に再現し、まるで映し出された世界にいるかのような臨場感を与えます。

xperia camera tec

カメラ機能は、有効画素数約2,070万画素の裏面照射積層型CMOSセンサー“Exmor RS for mobile”+画像処理エンジンBIONZ for mobileを搭載。さらに、広角27mm、F2.0の明るいソニー製Gレンズも新たに採用するなど、従来Xperiaのカメラ部の設計を根本から見直したことにより、Xperia史上最強のカメラ性能を実現!もはやコンパクトデジタルカメラと同等の性能を手に入れ、驚異的な高画質を体験することができます。

さらに、撮影した写真の中にある有名な建物やワイン、書籍、文字列などをカメラが認識し、その画像に関する情報を自動でネット検索してくれる「Info-eye」という面白い機能も搭載。たとえば、東京スカイツリーの写真を撮影すれば、東京スカイツリーといちいち文字入力して検索しなくても、撮影した写真から自動判断してネットで情報を拾ってきてくれるってわけ。これは実用的かどうかはともかく、コミュニケーションツールとしては面白いかもね?

snapdragon 800

CPUは、高性能と低消費電力を両立させているQualcomm Snapdragon 800 MSM8974 Quad core processor(2.2GHz)を採用。MSM8974は、Snapdragon S4 Pro MSM8960の後継として登場したもっともハイエンドな高性能チップで、28nmプロセスで製造されるARMのCPUコア“Krait 400”を4つ搭載したクアッドコアプロセッサーとなっており、Adreno 330 GPUを搭載。強力なCPUとGPU性能により、Webも動画もゲームもサクサク滑らかな超高速表示を可能にします。

メインメモリは2GB、ROMは32GB。WiFiは高速なIEEE802.11a/ac/b/g/n、BluetoothはBluetooth 4.0を採用。最大64GB対応のmicroSDXCカードスロットも搭載。OSは、Google Android 4.2.2(JellyBean)を採用します。

sony connect

もちろん、本体はフルセグ/おサイフ/赤外線の日本独自のフルスペック機能をすべて盛り込み、防水機能はIPX5/8等級に対応。イヤホンジャックは新たにキャップレス防水に対応して、キャップ無しでイヤホン端子を気軽に挿入できるようにも改善。海外版Xperia Z1よりも圧倒的に高性能なモデルに仕上がっているほか、Xperia初となるワンセグからフルセグへとさらなる進化を遂げて、1,920×1,080ドットという高精細ディスプレイを最大限に活かした超美麗画質でTV番組を視聴することが可能になりました。

そしてNFC(Near Field Communication)も搭載してソニー機器との連携も強化。レンズスタイルカメラ DSC-QX100やDSC-QX10とワンタッチ接続して高画質な写真が撮れるほか、Xperiaで再生中の音楽を、ワンタッチでNFC搭載のスピーカーやヘッドセットで再生。NFC搭載のワンタッチリモコンにXperiaをワンタッチすることで、Xperiaで閲覧中の画面をワイヤレスでBRAVIAの大画面に映し出すことができるなど、さまざまな機器との連携が可能になります。

さらにDLNA対応で同一ネットワーク内であれば、対応のソニー製ブルーレイディスクレコーダーやnasne(ナスネ)などの対応機器で録りためたテレビ番組や、放送中のテレビ番組などを、家の中のテレビのない部屋でも楽しめるほか、対応のソニー製ブルーレイディスクレコーダーやnasne(ナスネ)なら、録画したテレビ番組を、Xperiaへワイヤレスで転送。外出先などへ持ち出して楽しむことができます。またXperia Z1ではフルハイビジョンでのワイヤレスおでかけ転送にも対応しており、さらにテレビ視聴の楽しみが拡がります。

SMC独自の賢い文字入力アシスト機能POBoxは、「POBox Touch 6.2」に進化。QWERTYキーボードに数字キーが新たに表示されるようになり、日時や住所など数字交じりの語句の入力も快適に行えるようになったほか、Xperia ULで好評だったというキーボードのサイズ調整も可能になったそうです。

サイズ(高さ×幅×厚さ)は、約144mm×約74mm×約8.5mm、質量 約171g。バッテリー容量は、3000mAhの大容量タイプが採用されています。

xperia z1f

一方、こちらはdocomoのみで発売されるXperia Z1の弟分である「Xperia Z1f(SO-02F)」。カラーはBlack、White、Pink、Limeの4色展開です。

てのひらにフィットするサイズ感を目指してサイズを大幅に小型化。手の小さい女性でも扱いやすい約4.3インチディスプレイ(1,280×720ドット)の「TRILUMINOS Display for mobile」「X-Reality for mobile」を採用し、有効画素数約2,070万画素の裏面照射積層型CMOSセンサー“Exmor RS for mobile”+画像処理エンジンBIONZ for mobile+ソニーGレンズ。Qualcomm Snapdragon 800 MSM8974 Quad core processor(2.2GHz)CPU+Adreno 330 GPU搭載など、サイズ以外はXperia Z1のスペックをほぼ踏襲しているので、サイズが小さい分、高密度実装技術をフル活用しているようでソニーの技術力に関心します。ただし、厚みは8.5mm→9.4mmとさすがに若干厚くはなりますね。

サイズ(高さ×幅×厚さ)は、約127mm×約65mm×約9.4mm、質量 約140g。バッテリー容量は、2300mAhが採用されます。

ぜひみなさんも、SMCが放つ史上最強の究極Xperia!“Xperia Z1”(SOL23)を、お買い求めくださいね☆


SonyMobileCommunications




ソニーストア





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
| Yama@管理人 | SonyMobileCommunications | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2014.04.29 Tuesday 00:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2013/10/28 11:35 AM posted by: アベレージ
これで電池パック取り外し可能、TVアンテナ内蔵だったらいいのになぁ
更に欲を言えば、背面もシンメトリーデザインだったらな
2013/10/28 7:58 PM posted by: Yama@管理人
>アベレージさん

電池パック取り外し可は要望高いですよね。ただ同じような形のiPhoneも電池の取り外しができないですから、背面が強化ガラス構造だとなかなか技術的に難しいんでしょうね。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://sonytsu.jugem.jp/trackback/1862
Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Clock
SonyGroup
Sony Music Shop Sony Styleロゴ_124_40
おすすめソニー製品
icon icon icon icon icon icon icon icon icon icon icon icon icon icon icon icon icon icon icon icon
Profile
Latest Entry
Category
Archive
Premium BANDAI
nissen
Recent Trackback
Recent Comment
  • MDはこのまま衰退してしまうのか?
    熊 (11/20)
  • MDはこのまま衰退してしまうのか?
    嶋佐 (01/19)
  • ソニー通!、本日にて更新活動を無期限休止いたします
    だ (07/17)
  • ソニー通!、本日にて更新活動を無期限休止いたします
    最強GK (06/03)
  • 東三河が舞台のコメディドラマ「みんな!エスパーだよ!」放送開始♪
    三崎東岡 (05/29)
  • ソニー通!、本日にて更新活動を無期限休止いたします
    俊鳳 (05/21)
  • ソニー通!、本日にて更新活動を無期限休止いたします
    い (05/12)
  • ソニー通!、本日にて更新活動を無期限休止いたします
    あ (05/05)
  • ソニー通!、本日にて更新活動を無期限休止いたします
    Yama@管理人 (05/03)
  • ソニー通!、本日にて更新活動を無期限休止いたします
    RX-100 (05/02)
Admin
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM